【4月2日WSイベント】紅茶を焙煎する…ってどういうこと!?の巻

こんにちは、デスクに置かれたお土産のお菓子は躊躇なく食べる村上です。いつもお供え物、ありがとうございます。

 

さてさて、とっても素敵なワークショップのお誘いです。昨年9月に食品サンプル・フラワーリース・コーヒーの3講座を行い、たくさんの方に参加していただきました。そしてそれから半年の時を経て(経過ぎ~)……4月2日に紅茶のワークショップを行います!

 


講師は長崎を拠点に活動する紅茶コーディネーターの本田さなえさん。紅茶だけでなく、それに合わせたテーブルコーディネートや食べ物も総合的にプロデュースされます。


雰囲気も物腰も柔らかだけど、とても芯のしっかりした女性です。可愛すぎ~。


昨年のワークショップの時にはざまに見学に来てくださったのですが、その時の雰囲気と真剣な眼差しがとても印象的で、それ以来「はざまでもワークショップをしてほしいなぁ」と企画を温めてきました。

 

さてさて、そんなさなえさんに何をしていただくかというと…

 


素材はこれ!といっても、緑茶じゃありませんよ~。紅茶です!

 

今回は、野々川郷の野澤さんが生産している波佐見紅茶をテーマにワークショップを行います。

 


これは打ち合わせの様子。まずは、波佐見紅茶を試飲してもらい特徴などを掴んでいただきました。「一煎目より、二煎目のほうが喉にイガイガする感じがなくて美味しいかも…」。ふむふむ~。

 

ということで、野澤さんの紅茶を美味しく淹れるコツを教えていただくことになりました。でも、もうちょっと何か欲しいな…という話をしていると…

 

さなえさん「焙煎なんかどうですか?」

 

!!?

 

焙煎!紅茶を焙煎??

 

さなえさん「ほうじ茶のように、紅茶の茶葉も焙煎できるんですよ。香ばしさがプラスされて、カフェインを除去する効果もあるんです」

 

へぇ~~。焙煎かぁ。

 

さなえさん「そして、その焙煎した紅茶でラテなんてどうでしょう?」

 


ラテ~。女性の大好物、ラテ~~。そうだ!波佐見の「田中豆腐店」さんの豆乳を使って豆乳ラテも良いかも!

 

ということで、本田さなえさんの講座内容が決定!
①野澤さんの波佐見紅茶の特徴と美味しい淹れ方
②自宅でもできる焙煎の仕方
③焙煎した紅茶を使って“豆乳ほうじ紅茶ラテ”を淹れよう
…と、これだけでは終わりません!ティータイムにはアレがいるでしょ?そうアレ!
とうことで、次の記事ではアレについてお話ししまーす。

 

 


ワークショップへのお申込みや質問は下記からどうぞ。

お問い合わせはこちら