【ワークショップのご案内】料理や器の写真がもっと上手に撮れたら……の巻

こんにちは、明太子って少しずつ食べるものじゃないんですか?

 


さて、4月2日に紅茶の焙煎ワークショップを行い、少しずつ向かうべき場所が見えてきた「みんなのアトリエ はざま」。その気持ちを落とさないためにも次のワークショップを準備しています。開催日は5月21日(日)・28日(日)の二日間!今回のワークショップは、波佐見らしさを活かした内容となります。

 

まずご案内するのが……28日(日)に開催する“写真”のワークショップ!最近、波佐見焼の窯元・商社の皆さんもホームページやSNS、インターネット通販用に自社で写真を撮ることが増えているのではないでしょうか?でもどうでしょう?

 

「うーーーん……。イメージしているみたいに撮れない……!!!」

「なんか違うけど、なにが違うか分からない!!」

 

そんなことありませんか?そこで、プロのカメラマンに器や料理を雰囲気良く撮る方法をレクチャーしていただきます。

 


ここでポイントとなるのが“雰囲気良く”!大掛かりな照明セットを組んでプロさながらに撮るのではなく
●自然光を使って
●ホームセンターや100均で手に入る道具を使って
自宅や会社に戻っても再現できる撮影方法を学びます。

 



目指すはここ!こんな感じです~。

 



このワークショップの講師を務めてくださるのが…佐賀県を拠点に活動する藤本幸一郎さん。「クーヨン」や「九州の食卓」などの人気雑誌や、陶磁器メーカーやアパレルなどのホームページ・ブランドカタログなどの写真を撮影されています。

 


と、この名前を聞いてピンときた方はかなりの波佐見空き工房バンクツウ!!そうです、昨年作成した波佐見空き工房バンクのイメージポスターの撮影を担当したフォトグラファーです。

 


藤本さんの写真は、光がとてもきれいで、その場の空気感をまるごと写しこんだような透明感が魅力です(村上談)。さすがに“藤本さんみたいに”とまではいきませんが「わぁ!いつもより綺麗に撮れた~」と嬉しくなるような写真が自分で撮れるようになれればと思っています。

 

 

さぁ!窯元・商社の広報や写真を担当しているあなた、写真が好きなカメラ女子のみなさん。この数時間で写真の雰囲気がアッ!と変わるワークショップに参加しませんか?撮影後は、藤本さんを囲んで美味しいスイーツでお茶の時間を過ごしましょう。

 

*注意事項
現在お使いのデジタル一眼レフカメラ(もしくはミラーレスカメラ)をご持参ください!

 

【自然光で、器や料理を雰囲気良く撮る】
開催日/5月28日(日)※荒天中止(日差しがない場合)
開催時間/13時~14時30分、15時~16時30分
参加費/2000円(おやつ・お茶付き)
定員/各8人
持ち物/自前のデジタル一眼レフカメラもしくはミラーレスカメラ、標準レンズ、あればカメラの説明書、あれば三脚
講師/藤本幸一郎さん
問い合わせ・申し込み/みんなのアトリエ はざま(担当 福田) 080-2793-0017
※お申込みの際に、何のカメラをお使いか教えてください

 

 


メールでのお問い合わせ・申し込みはこちらからどうぞ。

お問い合わせはこちら