【ワークショップレポート】マンツーマン過ぎな写真教室!の巻

こんにちは、こしあんより粒あん派の村上(福田)です。

 

さてさて、5月28日(日)は『みんなのアトリエはざま』で第六回目のワークショップでした。この日の講師は佐賀を拠点に活動する写真家・藤本幸一郎さん。

 


開催日に向けて、わざわざ佐賀から波佐見まで数回打ち合わせに来てくださいました。そのまっすぐな姿勢が、お仕事をお願いしたいと思わせる理由のひとつなのかもしれません。

 


今回のワークショップは、少人数制で2回に分けて開催。遠くは福岡から参加の方もおり、職種も窯元・デザイナー・木工作家・カメラ女子……とバリエーション豊か!参加者のお話を聞きたくてしかたない私は、講座の合間をぬってこそこそお話に向かうのでした。


さて、今回少人数制にした理由はこれ!普段使用しているカメラを持参してもらい、そのカメラを使ってマンツーマンでレクチャーしてもらいました。それぞれメーカーが違うなか、的確にアドバイスをしていく藤本さん。こんなにも参加者によりそう講師、なかなかいません 笑


最後は、藤本さんによる撮影の実践。“自分だったらどうするか…”本当は企業(?)秘密なので教えたくない部分もあるのかもしれませんが、それを惜しげもなく伝える藤本さん。私も含め、とっても勉強になった時間でした。


「みんなのアトリエはざま」のワークショップも6回目を迎え、少しずつバリエーションが増えつつあります。これからも、人やもの間(はざま)に立つ場所として頑張っていこうと思いますのでどうぞ、よろしくお願いします。

 

…そして、この日のおやつの写真をすっかり撮り忘れてしまった私。

ちなみに、
東彼杵町「KOTOURA」さんのイチゴタルト
波佐見町「リトルハニー波佐見店」の水出しコーヒー
でした。