【嘉麻と波佐見の作家市】嘉麻市出展者5/noribe

こんにちは、嘉麻市のmaruikoです。

嘉麻市はここ何年かで、野生の鹿が増えまして
保育園の送迎時、散歩の時など野生の鹿をしょっちゅう見かけます。
最初は驚きましたがだんだんと日常の風景になってゆき
かわいいなあ~
などと余裕を持って眺めることができます。
鹿の角って本当に立派なのですよねえ~

さてさてそんな緑あふれる嘉麻市からの出展者紹介。
今回はお菓子やお料理の「noribe」こと小野田紀子さん(以下のりちゃん)です。

愛知県豊田市出身。
嘉麻市のお隣、田川市の大学へ進学。
卒業後は愛知へ戻り、福祉関係の仕事に就くも結婚を機に嘉麻市へ移住。
地元レストランにて働きながら料理を学び
2011年~2015年まで嘉麻市にて「古民家カフェ 伴屋」を経営。
出産を機に惜しまれつつ閉店し、現在は飯塚市役所内にある「カフェ 雲を蒔く」の店長として
メニュー考案から調理まで行っています。

今回のイベントでは、旦那様からの愛称である「noribe(のりべ)」を屋号に個人で出店されます。

日本山岳遺産にも登録された「嘉穂アルプス」

嘉麻市にはたくさんの美味しいものがあります。
例えば、高品質の牛肉や濃厚なジャージー牛乳、
ピッチピチの野菜や果物、新鮮な卵、
嘉麻市の野山で生産されたハチミツ…
綺麗な水が流れていることもあり、酒造も3軒!

嘉麻市の豊かな自然で地元の人たちが愛情を込めて作ったものたちは
めっちゃくちゃに美味しくて、
嘉麻市に戻ってからはかなり体重が増えました…笑

のりちゃんはそんな地元でできたスペシャルな美味しい素材たちを集め
さらにそれを生かしたスペシャルに美味しいものを生み出したいという強い気持ちがあるのだそう。

また、身体に良いもの、子どもでも安心して食べられるものをと
安心安全な食材を選び使用しています。

そんなのりちゃんの作るお菓子やお料理は
どれも丁寧で、素材の美味しさが上手く引き出されていて
いつもすごく美味しいんです!!

今回は、嘉麻市のスペシャルな素材たちを使った
カヌレやキッシュなどのおやつを波佐見へも持って行くそうです。
是非、のりちゃんの作った嘉麻市の”味”を確かめに来てくださいね~!


嘉麻と波佐見の作家市
会場/西の原 モンネポルト(長崎県東彼杵郡波佐見町井石郷2187-4)
日程/9月29日(日)
時間/11時〜17時
入場/無料