波佐見の奥の奥、静かな山あいでものづくり!の巻

こんにちは、喉をやられた福田です。かなり熟練したおじさんみたいな咳をしています。

 

さて、ただいま準備中の物件。まだ条件が決まっていませんが、チラリとお見せしたいと思います。場所は詳しくお伝えできませんが、波佐見の中でもかなりの秘境!ほそーい道を登って登って、山あいにある小さな集落に建っています。

 


外観はこちら!昭和55年築です。


昔ながらの日本家屋。広い仏間に、


家族で集える落ち着いた雰囲気の居間。


ダイニングキッチンも広々〜。朝食はここで決まりですね!


2階には、和室が2つ・洋室が1つあります。

 

さて、次は工場部分!

 


これまた広々〜。


窯元跡ということで、トンパンや陶土置き場などもありますよ。

 

さて、私がこの物件で一番気に入ったポイントがこちら!

 


なんと、沢から水が組み上げられ、さらには湧水も引かれているんです!この水がとっってもとっても美味しいんだとか!「お茶・お米をこれで炊いたら全然違うよ」と大家さん。家にミネラルウォーターが引かれているなんて〜。

 

詳細は物件リストからご確認ください!

2018年4月23日 | Category NEWS, 空き家, 空き工房