不用品処理、2社を比較してみたら…!の巻

明けましておめでとうございます、おみくじは末吉だった村上です。
今年の目標は“移住者を1組呼び込む!”です。

 

登録物件の改修をスタートさせるため、今年最初にやらないといけないのが“不用品処理”!昨年、波佐見町のシルバー人材センターに見積もりをしていただくところまで行っていました(そこで出た金額は後ほど…)。

 

そこで、見積もりを見た時の率直な感想ですが…

 

「え!結構高い!!」
そして、
「この金額が、安いのか高いのか適正なのか判断できない…」

 

です。正直、こんなにたくさんの不用品処理をしたことないので、相場が全く分からない!
ということで、佐賀・長崎で活動をされている某不用品処理などを行う団体Mさんにも見積もりを依頼することにしました。

 

だって…、できるだけ安い方がいいじゃないですか!
それに、もちろん価格だけじゃなくて、サービスの違いも比較検討した~い!

 


ということで、同じ環境で、物件内を実際に見て見積もりをしてだきました。
そこで出たのがこちら…

 

見積もりA
まずは、波佐見町シルバー人材センターさん…総額44,040円。

 

見積もりB

次に、団体Mさん…総額176,752円。

 

ちょっと待ってください!!同じ物件なのに、なんでこんなに違うの!!!?
だって、だって!!ほぼ4倍ですよ!?ふえぇぇぇぇ~~~。

 

では、何がどう違うのか分析してみましょう!

詳細A

まずはシルバーさんの見積もり。配分金とは作業を行ったシルバーさんの人件費。時給700円で32時間の計算となっています。つまり、8時間×4人=32時間。4人で1日かければ終わるであろうという見込みです。あとは、軽トラの使用料、次にゴミ処理費、事務費となります。※ゴミ処理は川棚の処分所で金額が確定するため、15,000円はあくまで目安だそうです。

 

なるほど~。

 

詳細B

次に、団体Mさんの見積もり。シルバーさんとの大きな違いは、不用品処理を1㎥7,200円(今回の場合)で計算していること。そこに処分する広さを掛けると…ここですでに129,600円!処分量に関わらず、広さで換算というわけです。あとは人件費(日給6,000円×2人ということでしょうか)、軽トラ使用料、次に“家電リサイクル”です。シルバーさんの見積もりでは、「家電は処分できません」ということだったので、家電の処理量は含まていません。しかし、団体Mさんでは家電リサイクルの手配もしてくれるとのこと!そこで、その料金が7,060円プラスされています。

 

なるほど~。

 

いかがでしょうか。
今回2社に見積もりをした結果…

 

金額に関しては、シルバーさんが圧勝となりました(なぜなら、人件費+実費しかとっていないから!)。しかし、不用品がとにかく多い場合や、家電処理も行ってほしい場合などは団体Mさんもいいのかもしれません!もちろん、作業の丁寧さやフォローなど、見積もりでは見えない差もあるかもしれないので価格では測れないところもあります。

 

ということで、検討した結果、今回の物件に関しては波佐見町シルバー人材センターさんに行っていただくことになりました。みなさまも不用品処理や家の困りごとなどで活用してみてはいかがでしょうか?

 

《注意》
今回の見積もりはあくまで対象物件の例です。金額や単価など、状況によって変化すると思いますので、シルバーさんや民間業者を利用する場合は、比較検討しよく話を聞きましょう!

 

■波佐見の豆知識■
ハウステンボスまでは車で約30分!